アシンメトリーなヘアスタイル

アシンメトリーとは不均等、左右非対称と、形が対称でないことを意味します。

ヘアスタイルの場合では、右が長ければ左が短いなど、正面から見て左右が非対称となるヘアスタイルのことです。

例えば、前髪を思いっきり伸ばして左右非対称に分けることを「アシンメトリー・バング」といいます。

「ゲゲゲの鬼太郎」の鬼太郎のヘアスタイルですね。

ちょっと極端な例ですが、あのようなヘアスタイルをさします。

モードテイストを出したい時や、小顔効果を狙う時に有効なようです。


アシンメトリーヘアの良いところは、アレンジのしやすいところです。

髪の分け目を変えるだけでシャープな印象になったり、やわらかい印象となったりします。

アレンジだけで印象が変わるので、フォーマルからカジュアルまでこなせます・

男性の場合の「アシンメトリーウルフ」などは、分け目を変えたり、サイドに流したりするだけで、だいぶ違います。

日頃、スーツを着用しなければならないような仕事の方でも、カジュアルも楽しむことができるヘアスタイルとなっています。


女性のロングヘアの場合は、髪をアップにした際に片側サイドのみに髪を流すとアシンメトリーアップとなります。

セクシーでゴージャスな雰囲気をかもし出せ、エクステンションでボリュームを出したり、コサージュをつけたりとアレンジしやすいヘアスタイルです。

一口にアシンメトリーヘアといっても、髪の長さやスタイルなどによっていろいろなパターンがあります。


| 髪型

アレンジへアに挑戦

お気に入りのヘアスタイルを手に入れても、毎日同じスタイリングをしていればマンネリ気味になってしまいます。

また、いい加減ヘアスタイルを変えたいと思っていても、なかなか美容室に行く時間がとれない場合もあります。

そんな時、簡単にできるヘアアレンジ術をいくつか覚えておくと、日々のヘアスタイルにバリエーションが増え、新鮮な気分ですごせます。。

ヘアアレンジの基本は、やはりアップスタイルでしょう。

しかし、一言でアップスタイルといっても、サイドアップ、ハーフアップ、フルアップといろいろな方法があります。

アップスタイルはまとめ方を一つ覚えると、まとめた髪のボリュームを調節したり、残り毛を残したりといろいろなアレンジができます。

また、アップスタイルはフォーマルな場でも大丈夫な髪型ですので、急にかしこまった場所に出なければならないというときにも、応用が利きます。

ヘアアレンジの方法は雑誌やインターネット上にたくさん掲載されています。

短時間でできるアレンジや、フォーマルな場所に向いたアレンジ、和装に向いたアレンジなど、目的に合わせて探してみると良いでしょう。

雑誌やサイトにおいては画像をたくさん用いて、アレンジ方法を解りやすいように説明されているものも多くあります。

中には動画を用いているところもあるので、少し練習すれば誰にでも作ることができるようになるのではないでしょうか。

アップのみならず、カラーで髪を巻いたり、丁寧にブローするだけでも、かなり印象は違ってきます。

たくさんのアレンジ方法を手に入れて、バリエーション豊かなヘアスタイルで楽しめるようになるといいですよね。


| 髪型

エクステンションの手入れ方法

最近、気軽にロングヘアスタイルを楽しめるということもあってか、エクステンションが人気です。

美容室で入れてもらうエクステンションはかなり自然な仕上がりになりますので、傍目には全くわかりませんし、髪を伸ばすのにかなりの根気が必要なロングヘアスタイルを簡単に手に入れることが出来るとあれば、人気が出るのもうなずけます。

ただ、せっかくつけたエクステンションも、あっという間にダメにしてしまうようではもったいないです。

毎日の手入れにちょっと気を使うだけで、日持ちがぜんぜん違いますから、気を配りたいものです。

シャンプーをする場合、髪を洗う前にエクステンション部分にトリートメントをつけておくと良いようです。

そうすることによって、自分の髪の毛より絡みやすいエクステンションのすべりがよくなります。

洗う際には、頭のてっぺんからシャワーを浴びます。

うつむいてしまうと、髪の毛が絡みやすくなってしまうので、やめたほうが良いです。

また、頭皮をこする際も、エクステンションの周りは、やさしくこするか、揉み洗いにするといった方法が良いです。

すすぎは充分に行わないと、頭皮にかゆみやフケが出る原因ともなりますので、丁寧に行ってください。

髪を乾かす際には、まずはタオルで髪を包み、その上から手でたたくようにして、充分に乾かしてください。

その後、目の荒いくしで髪を整え、流さないタイプのトリートメントをつけてから、髪の毛の流れに沿って、ドライヤーをかけてください。

エクステンションは、ロングヘアスタイルだけではなく、ストレートの髪の一部にウエーブを入れたり、メッシュを入れてみたりといったことが気軽に出来ます。

付け外しが自分で出来る手軽なものも人気があります。

ちょっとした気遣いで、見た目もずいぶんと変わってきますので、ちゃんと手入れするようにしたいですね。

| 髪型

スタイリング剤の違い

スタイリング剤にも、スプレー、ムース、ワックス、ジェル、ミストなどたくさんの種類があります。

同じムースでもハード用、ウエーブ用、ストレート用とありますし、男性向けや女性向けなどによっても種類があります。

各スタイリング剤によってその働きは違ってきます。

スプレーは仕上げの時に、ヘアスタイルを保つために使用します。

仕上がりの硬さによって種類が違ってきます。

ムースは髪全体に伸ばしやすいので、満遍なくスタイリングできるのが特徴です。

ストレート用やパーマ用など、髪の流れやふわっとしたヘアスタイルを作るのに適しています。

ワックスは髪に動きをつけたり、立体感をつけたりと、髪に表情をつける時に使います。

髪を固めてしまわないので、後から手ぐしで直すのも簡単です。

寝癖をなおしたり、髪を扱いやすくする時にはヘアウォータが適しています。

男性用、女性用のスタイリング剤は、髪質や肌質の違いで分けられているようです。

一般的に、女性の髪質はやわらかく、男性の髪質は太くて固いことが多いようです。

肌質も、男性のほうが女性より皮脂の分泌量が多めなので、それにあわせたものが作られているそうです。

ただ、髪質や肌質は個人差がありますから、男性用だから女性は使えないということもありません。

スタイリング剤選びを間違うと、せっかく美容室で気に入ったヘアスタイルにしてもらっても、維持することが出来ません。

ヘアスタイルを変えた場合には、日々のスタイリング方法についても、美容師に相談して、そのスタイルに合ったものを教えてもらったほうが良いです。

| 髪型

パーティーでのヘアスタイル

結婚披露宴パーティー、発表会などのパーティー、会社関係のパーティーなと、様々なパーティーがあります。

ドレスコードがあるようなパーティーなら尚更ですが、普通に考えてパーティーという名のつく催しなら、服装もフォーマルに、ヘアスタイルもアップにしたほうが無難かもしれません。

会社関係など、少々かしこまったパーティーでしたら、ヘアアレンジはプロの美容師に任せたほうががいいでしょう。

しかし、予算や時間の都合上、どうしても自分でしければならないという場合もあります。

そういった場合でしたら、雑誌やネット上のパーティー用アレンジを紹介したものを参考にしたらいかがでしょうか。

美容師に任せる場合でも、自分の気に入ったヘアスタイルをあらかじめ用意しておいたほうが、打ち合わせもすんなりいきますし、出来上がりが満足のいくものになるでしょう。

自分で髪を結う場合でしたら、和装の場合でも、洋装の場合でも基本は同じです。

おだんごヘアや夜会巻きなどでアップする方法です。

ただ、洋装よりも和装のほうが、きっちりと髪を上げたほうが綺麗に見えるようです。

アップにした髪に、コサージュやコーム、かんざしなどでアレンジしていくと手軽に、しかも華やかなヘアスタイルを作ることができます。

ドレスや着物に合わせたヘアアイテムを探すのも楽しいものです。

気に入ったヘアスタイルで、自信を持ってパーティータイムを満喫してください。


PR : 北京オリンピック

| 髪型

ショートヘアのヘアスタイル

ショートヘアとは基本的に襟足を出す長さのヘアスタイルです。

短い髪の毛は清潔感もありますし、活動的で若々しいイメージを与えてくれます。

どちらかといえばボーイッシュなイメージですが、ボブヘアなどは女性らしいショートヘアです。

最近ではトップにボリュームをつけ、ふんわりとした柔らかい感じのヘアスタイルも人気があるようです。

ボリュームのあるヘアスタイルの作り方は意外に簡単です。

出かける前、ヘアスタイルを整える際に、髪の根元の辺りに軽くハードスプレーなどをかけておく方法があります。

ハードスプレーをかけ、指先で髪を揉んで、逆毛を立てるような感じにしておきます。

外出先で髪がペッタンコになってしまった場合でも、再び揉むことでボリュームアップさせることが出来ます。

また、ショートヘアは短い分、アレンジがしにくいという難点があります

しかし、雑誌やインターネット上を探せば、手軽に出来るかわいらしいアレンジもたくさん見つけることが出来ます。

例えば、ポンパドールがあります。

前髪を取り、ワックスなどを軽くなじませて、ふんわりボリュームを出しながらピンで留めます。

ポンパドールのサイズによって雰囲気も変わりますし、ピンなどにかわいらしいものを用いればそれだけでワンポイントになります。

更にサイドの髪を巻くなどすれば、華やかさも増すのではないでしょうか。

ヘアカタログなどにもたくさんのバリエーションが掲載されていますので、自分に似合うショートヘアを見つけてください。


| 髪型

パーマをかけた場合のお手入れ

パーマをかけることによって、ヘアスタイルを選ぶ幅がひろがります。

目指すヘアスタイルがある場合は、積極的に取り入れていきたいものです。

ただ、パーマをかけるということは髪にダメージを与えてしまうことでもあります。

また、普段あまりパーマをかけない人がパーマをかけると、お手入れ方法が分からないですね。

パーマをかけた当日は、シャンプーを控えたほうが良いようです。

直ぐにシャンプーをしたからといって、パーマが落ちてしまうことはありませんが、パーマをかけたばかりの髪はまだ安定していません。

匂いなどが気になるかもしれませんが、出来ることなら1日くらいは時間を空けたほうが無難です。

また、パーマを長持ちさせるには、日頃のスタイリングやケアも欠かせません。

ムースやワックスといったスタイリング剤も、その髪質やスタイルに合わせたものを選ぶ必要があります。

ヘアスタイルを変えたときには、美容師にスタイリング方法を教えてもらったほうが良いです。

また、パーマは日頃のお手入れも大切になってきます。

乾燥とダメージはパーマだけではなく、髪自体にも天敵です。

スタイリングの際に洗い流さないトリートメントなどを利用して、髪を保護してあげると良いです。

きちんとお手入れして、ステキなヘアスタイルを維持してください。

タグ:パーマ
| 髪型

パーマを楽しもう

パーマはヘアスタイルの中でも特別な技術を要するものです。

パーマの種類にはツイストパーマ、スパイラルパーマ、ストレートパーマなどがあります。

ボディパーマや内・外巻きパーマなども、先の3つのパーマ技を変化させて作り上げられているようです。

最近はちょっとクセ毛風なヘアスタイルや、毛先に動きのあるヘアスタイルなどが人気です。

ヘアカタログなどを見ていても、パーマが使われているスタイルは数多くあります。

もし、初めてパーマをかけてもらうのであれば、美容師と良く相談しましょう。

髪質や毛量、痛み具合によって、かかりにくいパーマなどもあるようです。

また、先に細かく注文しておいたほうが間違いもありません。

実際にパーマが仕上がってから「なんかイメージと違う」ということにならないために。

カットの場合でしたら、切りながらでも、「もう少し短めに」といった注文ができます。

でも、パーマの場合ですと、素人の目では乾かしてみるまで仕上がった状態がわかりにくいのです。

また、仕上がった日は良くても、パーマは数日でだれてくることもあります。

2、3日様子を見て気に入らないようでしたら、再度美容室に相談してみたほうが良いです。

1週間程度でしたら、サービスの範囲内として手直しをしてくれる美容室も増えているようです。

タグ:パーマ
| 髪型

ボブヘアのヘアスタイル

後ろ髪を襟足あたりで切りそろえる長さをボブヘアといいます。

昔は、おかっぱ頭ともいい、前髪を額に垂直に、後ろ髪も襟足辺りでまっすぐに切りそろえた髪型です。

しかし今では、毛先にシャギーを入れたり、パーマやカットなどで毛量を調節したりしてアレンジしやすいので、ボブをベースにしたヘアスタイルも

数多くあり、注目されています。

また、10代から20代くらいの若い世代の男性に好まれるヘアスタイルも、このボブヘアからミディアム程度の髪の長さが多いようです。

ボブヘアの種類としては、前下がりや後ろ下がりにシャープにカットしたボブ。

トップにパーマをかけボリューム感を出したバルーンボブが近頃人気のようです。

アシンメトリーのスタイルを作りたい場合にも、有効なヘアスタイルです。

また、普段の服装はもちろんですが、ボブヘアは以外に和服にも似合います。

襟足をきれいに見せることが和服のときのポイントですから、ボブヘアなら、特に手を加えずともそのままのスタイルで大丈夫。

トップはある程度の長さがありますから、サイドアップやハーフアップなど、髪の一部分をアップにすることも出来ますので、フォーマルな場などに

出る場合、華やかなアレンジをするのも簡単です。

特に黒髪のボブヘアは、着物や浴衣に良く似合うようです。

カット方法やアレンジ方法によって、様々なスタイルを作りやすいヘアスタイルです。

その日の気分で色々な髪型を楽しみたい人に向いているスタイルかもしれません。


PR : ダイエットのノウハウ

| 髪型

まとめ髪の作り方について

まとめ髪が自分で出来るようになると、その日の気分でいろいろなヘアスタイルを楽しむことが出来ます。

一言でまとめ髪といっても、おだんごヘア、ハーフアップ、サイドアップ、夜会巻きなど、様々な種類があります。

フォーマルな席でのヘアスタイルの基本はアップスタイルですから、覚えておくと重宝します。

おだんごヘアの場合、髪をゴムなどで一つにまとめ、その髪をねじり、根元に固定すれば出来上がりです。

とても簡単なヘアスタイルなのですが、おだんごを作る位置や、まとめる髪をきっちり巻くか、ルーズに巻くかでずいぶん印象が違ってきます。

高い位置でルーズに巻いたおだんごヘアは、若い人たちにもかなり人気があります。

ハーフアップは、耳から上の髪だけを結い上げ、残りの髪は下ろした状態になりますので、顔の形を選ばずに楽しめるヘアスタイルです。

夜会巻きは上品で華やかな見た目のまとめ髪です。

パーティや結婚式、和装といった、フォーマルな場でも充分通用するヘアスタイルですが、見た目の割りに作り方も簡単で、夜会巻き用のコームが

一つあれば、誰にでも作れます。

作り方ですが、毛先を一つに束ね、一方向に毛先までしっかりとねじりあげます。

そのねじった毛先を内側に隠すように押し込み、コームの先でねじりあげた部分を軽く差して根元側の髪まで差し込めば出来上がりです。

言葉では説明が難しいのですが、ネット上に動画で夜会巻きの作り方を紹介しているサイトもあるので、参考にしてみて下さい。

まとめ髪のいろいろなアレンジ方法を紹介してくれる本やサイトも多数あります。
| 髪型

男性の髪型

最近では、男性の髪型も大分幅が広がってきたようです。

ヘアスタイルの流行は、人気のある芸能人などを見るとよくわかるといいますが、定番のメンズショート、メンズミディアムをはじめ、近頃ではベリーショートなどのヘアスタイルを楽しんでる人が結構多いです。

また、スキンヘッドやモヒカンなんて思い切ったヘアスタイルもあります。

少し前なら、男性は理容室、女性は美容室といったことが当たり前でした。

しかし、今では美容室で隣の席に座ったのが男性だったということは普通ですし、男性の美容師さんだって、数多くいます。

メンズ用のヘアカタログもたくさん出版されていますし、ネット上ではほとんどのヘアカタログサイトに、メンズ向けのヘアスタイルが掲載されています。

中にはメンズ専用のヘアカタログサイトや、メンズ向けの美容室検索サイトなどもあるようです。

更には、美容室で切った髪形を維持するために、ヘアワックスなどを使ったヘアスタイルのセット方を細かく紹介してくれるサイトなどもあり、並みの女性以上にヘアスタイルに気を使ってる男性も多数いるようです。

自分のファッションを大事にするためには、ヘアスタイルをおろそかにすることは出来ません。

いろいろな情報を手に入れ、自分なりにアレンジをして、おしゃれを楽しむことに、男女差がなくなってきたのでしょうね。
| 髪型

ロングヘアのヘアスタイル

ロングヘアとは、髪の長さが肩の位置を越えるヘアスタイルのことですが、腰に届くほど長い場合はベリーロングとも言います。

女性のヘアスタイルの定番ともいえるスタイルで、シャンプーのCMなどで見る、美しく長い髪にあこがれる人も多いでしょう。

ロングヘアの醍醐味といえばダウンスタイルです。

まっすぐに伸びた長い髪はそれだけで美しいものですし、カールなどをかけていても女性らしい上品さを表現することが出来ます。

また、ロングヘアだからこそ出来るヘアアレンジにも、充分な魅力があります。

髪をアップにする際にも、ロングヘアでしたら、自分の髪で簡単にアップスタイルを作ることが出来ます。

ロングヘアを維持するのでしたら、ぜひ簡単なおだんごヘアや夜会巻きなど、アップスタイルの作り方を覚えておくとヘアスタイルにも幅が広がり良いとおもいます。

ただ、髪の寿命は女性でも4〜6年といわれているのに、伸びる早さは1ヶ月で約1センチ程度です。

ショートヘアから腰まで伸ばそうと思ったら、5年もの月日がかかります。

腰の位置まで伸ばされる方はなかなかいらっしゃらないでしょうが、髪を伸ばしてる期間は長く感じるものです。

また、延ばす期間が長くなるにつれて、毛先の切れ毛や枝毛などのトラブルも増えてきてしまいます。

それを防ぐためには、シャンプー後のドライに気を使ったり、丁寧にブラッシングしたり、普段のお手入れにも充分に気を配り、ステキなロングヘアを手に入れてください。

| 髪型

女性の髪のお手入れ

ヘアスタイルを維持するためには日頃のお手入れが重要です。

特に女性は、髪を伸ばしたり、パーマをかけたり、カラーリングしたりと、髪にダメージを与えることが多いです。

ヘアケアの基本は健康的な頭皮です。

ヘアスタイルに気を配っても、頭皮については意外に無頓着になりがちです。

女性の場合の健康な髪の寿命は4〜6年程度ですので、ある程度の抜け毛は当然です。

しかし、健康な頭皮でなければ、次の髪が生えるまで時間がかかったり、ツヤのない髪になってしまったりします。

シャンプーの前にブラッシングをしたり、お湯で一度流してからシャンプーをするようにしたりと、一手間加えることによって、より一層、きれいな髪を保つことが出来ます。

トリートメントについては、ダメージが気になる方でしたら、毎日行ったほうが良いです。

特にダメージが気にならない方でも、コンディショナーやリンスを使うことによって、髪に柔軟性を与え、静電気を防ぐことが出来ます。

また、髪の毛を乾かす際も、パサパサになるまで乾燥させずに、少ししっとりする程度で止め、残りは自然乾燥としたほうが、髪にダメージが少ないようです。

エッセンシャルオイルなど、アロマテラピーを用いたヘアケア方法も、エッセンシャルオイルの持つ成分が頭皮の健康に効果的に作用しますので、試してみるのも良いでしょう。

女性にとって美しい髪は大切ですから、健康的な髪で、思い思いのヘアスタイルを楽しんでください。


PR : ケラスターゼ オレオリラックスの激安通販
| 髪型

和装時のヘアスタイル

今は洋服が一般的になりましたから、日本人でも、着物を着る機会は限られてきています。

だから、なおのこと和装の時にはヘアスタイルにも充分に気を配りましょう。

和装の場合、昔は日本髪と呼ばれる、固く結い上げたヘアスタイルが一般的でしたが、今では舞妓さんや芸者さんといった特別な人たちのヘアスタイルというイメージになってしまっています。

日本髪ではなくても、和装の際には襟足を見せるヘアスタイルのほうがすっきりと見えて良いようです。

ショートカットやボブヘアのなど襟足に長さが満たない場合には無理をして髪を結い上げなくても、それなりにみえます。

ただ、せっかく着物を着たのに、ヘアスタイルは普段と一緒というのは、少し寂しいですね。

その場合は、ブローの仕方をアレンジしたり、エクステンションやウイッグなどを使ってアップにしたりして工夫するのも良いかもしれません。

また、襟足につく長さ以上のヘアスタイルでしたら、結い上げるのも簡単ですし、お団子や夜会巻きなど、アレンジ方法も多くあります。

アレンジの方法としては、お茶会やお花の習い事など、わりと日常的な和装の場合は、簡単にまとめてかんざしなどでアレンジしたほうが、手間もかかりませんし良いようです。

逆に、お祝い事なので着物を着る場合には、ヘアスタイルもボリュームを持たせ、コサージュなどで華やかな雰囲気をだしたほうが好まれます。

いずれにせよ、和装に似合うヘアスタイルの基本は、襟足をすっきりと綺麗にまとめることがポイントです。

自分でヘアスタイルを作る場合には、ムースやワックス、ヘアピン等を上手に活用できるように、美容師さんなどに一度コツを聞いておくと良いかもしれません。


| 髪型

最新のヘアスタイルを探す方法

美容室へ行って、髪を切ろうと思った時など、やはりその時に流行っている最新のヘアスタイルは気になるものです。

流行のヘアスタイルを探す場合、一番手っ取り早いのがテレビです。

人気ある芸能人はプロのスタイリストさんやメイクさんがついていますので、その時々で最新のスタイルを取り入れているもの。

また、テレビはリアルタイムで放送されますから、間違いなく一番早い情報が手に入ります。

ただ、テレビを美容室へ持ち込むことはできません。

美容室へ行った時に「昨日の番組のあの人のヘアスタイル」と注文しても、美容師がその番組を見ていなければ困ります。

そういうわけで、優れているのは雑誌やインターネットです。

雑誌は常にその時々の流行を追っていますし、インターネットでも「最新」という言葉をつけて検索すれば、たくさんの情報を得られます。

気に入った画像を見せれば、美容師に頼むのも簡単です。

いろいろな媒体を例に上げましたが、一番頼りになるのは、やはり美容師です。

美容師になるだけあって、おしゃれに敏感な人が多いですし、専門の雑誌などで最新のスタイリング方法なども勉強しているでしょう。

また、せっかく気に入ったヘアスタイルを見つけても、自分に似合わなければ意味ありませんが、信頼の置ける美容師がいれば、相談して自分に似合うようにアレンジしてもらうこともできます。

まずは、信頼できる美容師を見つけることが、最新のヘアスタイルを手に入れる第一歩でしょう。


PR : スザンヌの水着画像と写真集

| 髪型

春のヘアスタイル

春は移動、入学、引越しなど、新しい人と出会うきっかけとなるイベントが目白押しです。

新しい出会いの前に、ヘアスタイルも一新しておくと、更に新鮮な気分になれるかもしれません。

流行はその年、また四季ごとに変わって来ますが、やはり春といえばファッションも、パステル調など、明るく柔らかなカラーの服が増えます。

ヘアスタイルも、それに合わせ、柔らかく軽やかな雰囲気が好まれるようです。

ロングヘアでしたら、緩やかな巻き髪スタイル。

既に巻き髪の方でも、髪を巻く方向を逆にすると、イメージがかなり変わります。

まとめる場合でしたら、おだんごを緩やかな巻き方でつくり、ボリュームがでるようにしたヘアスタイルが若い人たちにも人気のようです。

ショートヘアの場合も、シャープな雰囲気よりも、トップに柔らかなパーマをかけたバルーンボブなどが人気があるようです。

忙しくてなかなか美容室にいけないという方でも、ヘアアイロンやマジックカラーといったアイテムを使えば、それほど手間をかけずに巻き髪を作ることが出来ます。

普段はストレートヘアだけど、たまには気分を変えてみたいという人にも、おススメです。

カラーについても普段より、少しトーンアップしたものが好まれているようです。

髪の色が変わるだけでずいぶんと印象は違ってきますから、イメージチェンジをしたいという、この季節にはぴったりかもしれません。


PR : 後期高齢者医療制度(長寿医療制度)の概要と問題点

| 髪型

自分に似合うヘアスタイルを探す

自分に似合うヘアスタイルを見つけるのは、なかなか難しいです。

このヘアスタイルも飽きたし、そろそろ変えてみようと、ヘアスタイルカタログとにらめっこしても、色々と悩む人がほとんどでしょう。

自分らしいヘアスタイルを探すポイントは、「自分の顔・髪質にあったヘアスタイルを探す」ということにつきます。

気に入ったヘアスタイルを見つけても、顔とのバランスが悪くて、思ったような感じにならなかったり、髪質が合わないために思い通りの髪型にならなかったりという経験は、誰でもしているでしょう。

今は、ヘアスタイルカタログも本屋さんに行けば必ず置いてあります。

また、インターネット上でも、たくさんのヘアカタログをアップしているサイトがたくさんあります。

自分の顔写真を取り込み、ヘアスタイルのサンプルの中から組み合わせてイメージ画像を作ってくれるサイトまであるようです。

自分の中のイメージを言葉に表すのは大変難しいことです。

いざ、このヘアスタイルに決めたと思っても、わかりやすい画像がないばかりに自分の予想と違うヘアスタイルになったらショックです。

最終的には、信頼できる美容師にも相談して、ステキなヘアスタイルを選んでください。

PR : FX(外国為替証拠金取引)の参考書籍

| 髪型

子供のヘアスタイル

子供のヘアスタイルというと、少し前なら、男の子は坊主頭か刈り上げでした。

女の子ならおかっぱで、あまり手のかからないヘアスタイルがほとんどでした.

しかし、近頃は、子供たちもいろいろなヘアスタイルをしています。

小さい頃からヘアスタイルに気を使っていると、おしゃれに対する感性も磨かれるでしょう。

最近では、男の子は短めな髪型を好みつつも、トップを残したり、前髪を残したりと、長短をつけることで個性を出すことが多いようです。

女の子については、ショートからロングまで様々なバリエーションを楽しむことができます。

普段は忙しくて、手のかかるヘアスタイルなんてしてあげられなくても、誕生日などのイベントの時や、ちょっとしたお出かけの時などにも、髪を結ってあげたり、ワックスなどで手を加えてあげると、子供も喜ぶのではないでしょうか。

小さな子供だと思っていても、4、5歳頃になると自我が芽生え、「髪の毛を伸ばしたい!」などと、自己主張をする子も増えるようです。

美容室もカット中の子供を飽きさせないように、ビデオを用意したり、キッズスペースを用意したりと、様々な対応をしてくれるところもあるようです。

また、最近では子供向けのヘアスタイルカタログなども出ていて、簡単に出来るヘアアレンジ等もたくさんあるようです。


PR : 四柱推命 本とソフトウェアの激安ネット販売

| 髪型

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。