クレジットカードの限度額の審査

クレジットカードの限度額とは、クレジットカードで利用可能な最高限度額の事です。「貸出限度額」「与信限度額」「クレジットライン」等とも呼ばれており、会員個人個人の信用度でカード会社が審査をし、設定をします。

審査や設定に関しては、日本クレジット産業協会が1991年3月に提唱した、「クレジットカード発行における適正与信体制の整備」を基準にして設定されています。

以下がその内容です。

1.新規入会者の利用限度額の引下げ…新規に入会する会員への初期利用限度額は、原則として低く設定し発行すること。

2.若年層に対する利用限度額の設定…若年層の新規入会者に対する初期利用限度額は、「1.」より更に引き下げて発行すること。

3.途上与信の導入…既会員に対するクレジットカードを更新する場合の利用限度額の設定は、過去の利用実績、支払状況、属性等の変化に応じて変更する、いわゆる途上与信制度を導入するとともに、これを運用する審査体制の強化と徹底に努めること。

キャッシングというサービスが、クレジットカードにもありますが、これは、銀行からいわゆる町金まで色々な所が提供しています。
これらを総称して「消費者信用」と言います。

特にクレジットカードについては、「販売信用」と呼ばれています。
通常は、審査は、定期的な利用、きちんとした返済を行っていると通ります。
無理せず自分にあったペースで利用することが重要です。



人気の腕時計 ブランド腕時計

クレジットカードの利用限度額が上がる時期

というのは、毎月利用できる金額の上限が決められていて、この金額を利用限度額といいます。

利用限度額は、通常どうり定期的に利用したり、返済に滞りがなかったりして使っていると上がります。
これは、カードを使用している方の信用度が上がるので、それと同じ様に上がっていくようになっているからです。

定期的に毎月少しでも利用している実績があると信用度はあがりますし、返済をきちんとしていれば、思ったより早い時期に限度額は上がります。

また、限度額の枠が大きいとつい使いすぎてしまう心配もありますが、その場合はカード会社に連絡をして、利用限度額を引き下げてくれるように申込みをすることも出来ますので、そういった心配をする必要はありません。

比較的柔軟に限度額の設定内容を設定することも出来ます。例えば100万円の限度額の内訳を、ショッピングに70万、キャッシングに30万といった様に設定できるのです。

クレジットカードには「有効期限」も設定されていて、だいたいは数年単位です。この期限はそれぞれのカードの表に表記されています。

同じカードを利用し続ける場合は、有効期限が切れる前に新しいカードが届けられ、自動的に更新されるようになっています。だから利用者側が手続きをする必要がありません。
ただし特別な理由で早めに更新を行いたい場合は、カード会社に連絡をして更新することも可能です。

カードのポイントにも有効期限がありますが、色々なポイントを合算してポイントの有効利用することも出来るので、調べてみてください。
また、セゾンカードなどの永久不滅ポイントを利用すると、抹消されることがないので、いつでもポイントを利用することが可能となります。

PR : 管理栄養士の情報

クレジットカードでのキャッシング限度額について

のキャッシングとはどういったことでしょうか
「キャッシング」とは、各種金融機関が各個人に対して行う小口金融の事をさしています。

調べによるとキャッシングの利用者は男女で6:4の割合で、職業だとサラリーマン、主婦、学生と色々な方に幅広く利用されています。

融資の方法、金額、利率など色々なサービスがあり、便利になってきています。

キャッシングの限度額は、各消費者金融によって異なります。
手軽に利用されているフリーローンだと、初回で50万円位までのキャッシングの借り入れが可能です。
また、50万円を超えて利用したい場合は、収入証明書など各種審査用の書類提出が必要となります。

融資限度額は、利用する人の年齢、収入、過去の利用暦など色々な個人のデータを基に設定されています。

限度額は申し込み時点だけでなく、実績によって変動して行きます。

信販系のキャッシングは、クレジットカード会社のキャッシングローンサービスです。
金利も低めですし、ATMやCDの台数が多いので利用しやすいと言うのもポイントです。
また、借り入れた金額を分割して返済することが可能となっています。

銀行系のキャッシングは、銀行系の金融機関のキャッシングローンサービスです。
ほかの金融機関に比べると低金利で、限度額も高めに設定されているようです。


PR : プチ整形

クレジットカードの限度額が上がるメリット

には利用限度額が設定されており、その内訳はショッピングとキャッシングの利用額ということですが、利用者はその限度額の枠を超えて利用することが出来ないようになっています。
利用限度額は入会初年度なら10〜20万円くらいが普通かと思います。

利用限度額の内訳は、毎月利用明細書の中に記載されており、「利用できる限度額は20万円です。そのうちキャッシングは10万円です。」といった内容になっています。

ごの限度額は不変ではなく、カードの更新時に引き上げされるのが原則になっています。
しかし、更新時だけではなく、随時申込みによって引き上げ可能なカード会社もあります。

限度額を上げることのメリットは以下にあげる様に、いくつかあります。
1.限度額が上がれば、余計なカードを複数枚作る必要がない。
2.限度額があがれば、同じクレジットカードの限度額内で、高額な商品を購入することが出来る。
3.限度額が上がれば、消費者金融に手を出さないで済む。
4.限度額が上がれば、信用度が上がりステータスが上がったような気持ちになれる。
5.限度額が上がれば、限度額を気にして買い物をする事が少なくなる。

限度額が少ないと、カードを所有している意味が余りありません。
万が一の場合に備えて限度額は100万円位あると、精神的に安心でしょう。

逆に限度額が高いというデメリットも頭の中に入れておいてください。
限度額を上げるためには、信用度を上げて自然に限度額が上がっていくような利用の仕方をしてください。


PR : デトックスで健康維持


学生が作れるクレジットカードの限度額

学生でもを持つ事が最近は当たり前になってきました。
ここでは、インターネットで簡単に申込みが出来て、人気のある学生専用のクレジットカードを紹介します。
海外旅行やショッピングなどで利用できます。

▲シティ スチューデントカード:入会資格は18歳以上の学生、カードの種類VISA、利率13.2〜18.0%、利用限度額10万円、年会費は1,050円

▲シティクリアカード:入会資格は20歳以上で年収150万円以上または18歳以上の学生、カード種類 VISA ・ MasterCard、利用利率(リボ払い) 11.4〜15.0% 、利用限度額 30〜100万円 (学生の場合は10万円)、永久年会費無料

▲ノースウエスト/シティ:入会資格 20歳以上で年収200万円以上または18歳以上の学生 ※高校生を除く、カード種類 VISA クラシックカード (学生可) 、利用利率 13.2〜18.0% 、利用限度額 50〜100万円 (学生の方は10万円)

▲JCBカード 〔Arubara〕:入会資格は原則として18歳以上で、一定の収入のある方。または高校生を除く18歳以上で学生の方、利率 ショッピング 実質年率 13.20〜15.00%、利用限度額 20〜40万円 (学生の方は20万円または30万円)、年会費永久無料

▲さくらJCBカード :原則として18歳以上で安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上で学生の方、対象カードはJCB LINDA 、利率 実質年率 9.0〜15.00% 、利用限度額 10〜100万円 (キャッシングを含む)

▲ライフMasterCard:入会資格 18歳以上の定期収入のある方。(学生も可能です:保護者の同意が必要です)、カード種類 MasterCard、利用利率(リボ払い) 13.08% (ショッピング) 、利用限度額 入会時に決定、年会費無料

学生が借りられる限度額は、ほとんどが10万円位と低い設定である事が分かります。
収入がない学生には、当然の事ですね。


PR : マクロビオティックの実践

クレジットカードの利用限度額に関する注意

クレジットカードのトラブルで特に多いのが、カードの使いすぎです。
返済額が自分の収入や貯蓄を超えるようなカードの利用をすると、支払いも出来なくなり大変です。

以下に記述するのが基本的な注意事項です。

▲利用限度額を超えないように
カードの種類によって利用限度額が異なりますが、自分が持っているクレジットカードの限度額くらいはいつも頭に入れておきましょう。
限度額を超えて利用しようとすると、カードが利用できなくなる可能性もあります。
もし、利用限度額を超えて利用する事が、前もって分かっている場合は、事前にカード会社まで連絡をして申込みをしておきましょう。

また、盗難等によって第三者によるクレジットカードの不正使用等のトラブルを防止すること目的として、各店舗や商品の単位で1回のカード利用限度額というのを設定してあります。
この限度額を超えて利用しようとした場合には、お店側が電話等でカード会社から販売承認を得なければいけないシステムとなっています。
この時に、カード会社が電話口で本人確認を行う場合もあります。
これらのシステムで、カードの不正使用を未然に防ぐ事が出来るのです。

▲利用限度額を超える時は連絡を
カードによっては利用限度額を設定していないものもありますが、ほとんどのカードは利用限度額を設定してあるはずですので、この限度額を忘れないようにして、カードを利用するようにしましょう。
もし、限度額を超えて使用したい場合は、カード会社に連絡をして限度額を引き上げてもらうよう相談してみて下さい。


PR : プラセンタについて

クレジットカードの限度額設定

というのはクレジットカードを選ぶ側からは結構気になるポイントです。
同じ様なカードを持っている知人と比べた時に、知人の方が限度額が高かったりすると、なぜ差が出るんだとすごく気になります。
限度額に差が生じるのは、カード会社によって設定額が違う事と、個人の信用度が違うことが原因のようです。

ここでは、一般的な傾向を紹介しましょう。

一般のカードの限度額は20〜50万円位です。
しかし、同じカードを長年使っていて、特に問題も起こしてない場合は、100万円位までは限度額が上がるらしいです。
また、ゴールドカードの限度額は、50〜100万円位で、200万円まで位まで引き上げてくれるらしいです。

限度額が上記のような金額でも、旅行などで出費が大きくなる事があらかじめ分かっている時などに、事前にカード会社に連絡をして引き上げの申込みをしておけば、一時的に高額の限度額が利用できるようになります。

色々な噂はあるのですが、毎月の利用明細書で利用限度額が上がっているのを見るとちょっと嬉しいです。

これも噂なのですが、消費者金融を利用すると突然クレジットカード会社から電話がきて限度額を引き下げられる事があるそうです。
どこの消費者金融を利用したらそうなるなどの正確な情報は分からないのですが、そういった例も過去にあったようです。

PR : エコノミークラス症候群について

クレジットカードは限度額も考えて持ちましょう

パソコンなどの高額商品を買おうとした時や長期滞在したホテルの精算などで、さて支払いをしようとしたら、が足りなくて困った事ってありますよね。例えば、パソコンの値段は30万円、メインのクレジットカードの限度額は20万円となると、これでは買えません。

もう一つサブのクレジットカードの限度額が20万円であれば、これでパソコンの値段を二つに分け、メインで20万円、サブで10万円の利用をすればやっと買うことができます。普段は高額の買い物をあまりしないので気にした事はないと思いますが、利用限度額ってすごく大切ですよ。特に、海外旅行などで利用しようとした場合には気をつけてください。

上記のように2枚のカードを使った合計で支払いを認めてくれる店ならいいですが、それができない場合も多々あるので、利用限度額が高い1枚を持っていた方が安心です。

海外旅行などに行く場合は、一時的に限度額を引き上げてもらうように増額依頼をするのもいい方法です。

クレジットカードを2〜3枚位持つのはいいですが、メインの1枚は長期で使うようにして信用度を上げ、限度額を上げて高額の商品を買うといった場合に利用できるようにした方がいいでしょう。たいがい2〜4年のカードの更新時に限度額が上がるような仕組みなっています。

また、登録時に記入した事項と変更があった場合(住所・職業・年収など)、利用額、利用頻度、場所、品目、延滞の有無、ブラックリストへの有無などを参考にして審査が行われるようです。確実に限度額の増額を得るには、定期的なカードの利用と返済をきちんと行う事の2点が何よりも大事です。

PR : メタボリックシンドロームの悩みと対策


クレジットカードの限度額規定

の限度額は、カード毎に限度額規定が定められています。
そして、利用者の信用度やカードの利用実績などによって引き上げされていきます。

限度額は、通常の一般カードで5〜50万円位、ゴールドカードで50〜300万円位となっています。
外国のカード会社では限度額は月給のX倍相当額と定められているカード会社もあるようです。

利用限度額自体を定めていないカード会社もたまにありますが、そのカードを利用して高額の買い物をする時には、カード会社から直接

承認を求められる場合があり、電話口とかで確認をしなければなりません。

現状、限度額の設定については、カード会社側に一任されており、カード会社の判断で、利用者に通知すること無しに限度額を勝手に変更する事ができます。

クレジットカードを利用するにあたって、通常は会員規約が定められております。
以下に、限度額に関する規約を記述します。

・カード会社が定めた金額を利用限度額とすること。
・会社の判断で適当と認められた場合、利用者への通知無しに限度額がいつでも変更される事
・利用者はクレジット会社側で定められた限度額以上の利用をしない事

以上の事から、利用者からの登録情報の変更やカードの更新時を機に確認を行い、限度額の変更を決定したりしています。

クレジットカードを定期的に利用し、きちんと返済を行い利用実績を作っていけば、何もしなくても限度額が上がります。
ですが、使い過ぎだけには、十分注意をしてください。


PR :
  • 相武紗季
  • クレジットカードの支払方法

    クレジットカードの支払方法について説明します。

    ▲一括払い
    利用した日から大体1〜2ヶ月くらい後に支払いが行われるシステムで、金利がかかりません。日本で一番よく行われる支払方法です。
    手元にお金が無くても欲しいものが買えて、支払いは1〜2ヵ月後、金利手数料が要らないのは魅力です。
    それから、カードを使うのでポイントも貯まります。
    リボ払い等の分割払いにすると金利手数料の負担がかなり大きくなる可能性もあります。
    出来るだけ短期間に返済できて金利が無い、一括払いか2回払いを利用するのが良いでしょう。

    ▲2回分割払い
    利用した代金を1〜2ヶ月後から2ヶ月に渡って支払いを行う方法です。
    分割払いなのですが、2回だと金利手数料がかかりません。

    ▲分割払い
    利用代金を何回かに分けて支払いを行う方法です。
    利用ごとに支払い回数を指定できるのが利点ですが、回数によって金利手数料が設定されています。
    支払い回数は、通常3、6、10、15、20回位となっていますが、カード会社によって設定が違います。

    ▲ボーナス一括払い
    ボーナスの時期に一括で支払いを行う方法です。
    カードによって支払い時期は違いますが、通常は、夏6月、冬12月、または夏8月、冬1月です。
    ボーナス一括払いも、一括払い同様金利手数料はかからないのでお勧めです。

    ▲リボルビング払い(通称:リボ払い)
    分割払いの一種です。何回カードを利用しても毎月の支払額が一定で決まっています。
    ですから、利用金額が増えるほど支払い回数も増えていきます。
    例えば、10万円の買い物をして、月1万円の支払い額だとしたら、支払い回数は10回になります。
    支払いが終わる前に、更に20万円の買い物をしても、支払額は10,000円ですが、支払い回数は30回に増えることになります。

    ▲あるとき払い(フレックス払い)
    途中まではリボルビング払いと同じですが、お金が手元にある場合に支払い金額を増額したり、コンビニなどで臨時払いをしたりすることが出

    来る支払い方法です。
    通常は金利がかかりますが、最初の支払日までに全額返済すると金利はかかりません。

    PR :
  • エミレーツ航空

  • 海外旅行に行く際のクレジットカードの限度額

    海外旅行に行く場合、が安全で便利だと思いますが、スキミングや決済額の書き換えなどの事故は怖いです。
    でも最近は、ネットですぐ請求額をチェックできるので、間違いや疑問を見つけたらすぐカード会社に連絡すれば対応してくれるますし、悪用されている場合は保障してくれると思います。

    トラベラーズチェックですが、便利そうですが意外と使いにくいという事が分かりました。
    トラベラーズチェックは、アメリカ以外では殆ど使用できませんし、両替だと手数料も取られるので不経済です。

    ICカードとかは日本では利用可能ですが、海外で使える端末があるかどうかは分かりません。
    ですので、そこにこだわる事はありません。

    上記のような事故の話は耳にしますが、そこまで多い件数ではないと思いますよ。
    だから神経質に不安になる必要はないかと思います。

    もし覚えの無い請求があった場合は、支払いの義務は生じないのでカード会社にすぐ連絡をして、相談してください。
    カード会社の保険で対処してもらえるので一銭も払わずに済むかもしれません。

    自動引き落としの場合はやっぱり怖いので、海外では「捨てカード」というカードを利用してもいいです。
    引き落とし口座はメイン口座以外の口座にして、それ以上引き落とされないようにしておくわけです。

    海外での事故がすごく心配な方は、こういうカードを1枚持っていても損はしないと思います。

    クレジットカードの与信枠(限度額)について

    には、色々な種類のカードが存在します。

    クレジットカードの与信額の小さい順に比べますと、

     1.一般カード
     2.ゴールドカード
     3.プラチナ(ブラック)カード

    といった順で与信額が大きくなっていきます。

    カード会社からの信用をたくさん得ているほど与信額が大きくなります。
    ですから、そういう色のカードを持っているとステータスがあると感じる人もいるようです。

    ただし、年会費も高くなります。プラチナカードですと5万円以上位すると思います。
    利用額も半端じゃなく月間で100万円以上利用している方が多いと思います。
    ですから、高い年会費を支払っても、なんとも思わない人が利用するわけです。
    年会費に5万円は普通きついですけれどもね。

    プラチナカードへの入会は、今現在持っているカード(ゴールド)からカード会社からの招待によって入会する事ができると言う事です。
    自分の希望だけでは入会できないようになっており、これがステータスの根拠になっているのです。

    代表的なプラチナカードは、アメックスセンチュリオン・ダイナースプラチナ(カードは黒)などです。

    クレジットカードの与信限度額とは、利用者に対してカード会社側が貸せる上限額の事です。
    この限度額の中には、決済待ちの物、未払いの物などの金額も含まれています。
    取引先が払えなくなったなどのリスクを回避するため、個人情報(収入や、滞納、利用状況など)などをチェックして審査をしています。
    その状況で限度額が決定されます。

    クレジットカードの申込み方法

    を作りたい方は、カード会社に申込みをすると作る事が可能です。
    申し込み方法はいくつかありますが、クレジットカード会社から申込書を送付してもらって申込みをするのが一般的です。
    申込書を送付してもうにはインターネットでカード会社のホームページから申し込む、またはカード会社に電話をして送付してもらう方法があります。

    申込書が届いたら記入をします。ホームページから申し込んだ場合は申し込み時に住所や名前などを記入してますのでその情報が間違ってないか確認をして、サイン、押印をして送り返します。
    本人確認できる書類も必要ですので、免許のコピーや健康保険証、パスポートなどのコピーを準備しておいた方が良いです。

    他に必要書類がないか確認をしてからカード会社に郵送してください。
    審査が通った場合は、カードが配達記録で郵送されてきます。

    カードを利用するには以下のような注意も必要ですので参考にしてください。

    1.カードの限度額を最初は低めに設定してください。
    最初からカード会社からの信用を築けるわけではありません。
    年数や利用実績を重ねて信用度が上がったらカード会社の方から限度額アップの打診をしてきます。
    ですから、最初は限度額を控えめに設定しておきましょう。

    2.資格
    たいていのカード会社では18歳以上で安定収入があれば申込み可能となっています。
    収入とはアルバイトでもパートでも構いません。要は安定していればいいのです。
    また働いていない学生は、学生専用カードがあるのでそれで申し込む事が可能です。



    クレジットカード限度額の増額について

    には利用限度額が設定されています。普通、買い物などで使用するショッピングと、お金自体を借りるキャッシングの2種類があり、カード会員の方はその限度額の枠を超えて利用することは出来ません。

    入会初年度の会員の場合は、この利用額は毎月の平均10〜20万円位で、毎月の利用明細書の中に「利用できる限度額は20万円です。そのうちキャッシングは10万円です」などど表記されているので、ご自分の限度額が毎月確認できるようになっています。

    しかし、利用限度額はずっと変わらないという訳ではなく、利用実績によって引き上げられたり、一時的に申込みをして増額してもらったり、利用2〜4年のカードの更新時に増額されたりします。まれに、もっと頻繁に、随時限度額の増額を行っている会社もあります。

    もちろん誰でも限度額が増額されるというわけではありません。増額してもらうには期間や審査を通らなければなりません。
    審査には「スコアリングシート」という個人データで審査され、月々に利用額や頻度、場所、買ったもの、支払い延滞の有無、ブラックリストに載っているかどうか、など細かいデータが記載された物も資料にされます。
    定期的にカードを利用したり、支払いをちゃんとしていればカード会社に好印象を与えられ、確実に増額してもらうことが出来ます。

    手軽で有効な増額の方法は、電話で直接増額要求することです。「きちんと返済しているし、これからも出来る」など交渉すれば、検討してくれるカード会社も多いと思います。ただし、キャッシング利用で増額を希望する場合はマイナスイメージになる場合もあるのでショッピング利用と言って申し込んでおいたほうが無難かもしれません。

    クレジット カードの利用限度額と年収の関係

    の利用限度額と、個人の年収とは比例するのかという疑問を持っている人もいるかもしれませんが、実際には年収と限度額は比例しないようです。

    限度額は、毎月支払いをすると支払いをした金額分が元に戻りますので、単純に計算をすると「限度額50万」の人は、年間で600万円の利用が可能になります。

    もちろん、最低ラインとしての年収は必要です。大抵のクレジットカード会社では最低ラインとして年収200万円以上という規定を設けています。
    ですから、200万円以下の年収であれば、クレジットカードを作る事自体難しいことになります。

    年収は高いに越したことはありませんが、年収を証明するのが難しい時もあり、あまり限度額や審査に影響することはありません。

    一般論としては、クレジットカードの年会費が無料〜5000円以内のカードは、利用限度額が最大100万円に設定されている場合が多いようです

    。これ以上の限度額を望む場合は、カード取得後の利用実績次第となります。

    クレジットカードの限度額について

    の限度額ですが、普通は使用する人の職業や年収、信用情報等に応じて決められています。
    通常日本では一般カードで5〜50万円、実際利用した実績等が考慮されて50万円超〜100万円位、一般カードより上のゴールドカードの場合では50万〜300万円位と差がつきます。
    日本国外のカード会社では、月給の何倍相当額までと設定している場合もあります。

    利用可能なカードの限度額と未払いの債務額(未請求の債務を含みます)の差が、その時点でのクレジットカードを使用できる可能な金額となります。
    そのクレジットカードの種類によって異なりますが、小額の場合は限度額を超える利用が出来る場合もあります。
    たまに利用限度額を設定しないというクレジットカードもありますが、カード会社側では与信枠をきちんと把握、管理していて多額の利用をしようとした場合に本人に確認(承認)が求められる事になっています。

    利用限度額を引き上げて欲しい時には、コールセンターに申込みすると、審査の結果では限度額が増額されることもありますし、海外旅行など一時的に多額の利用をしたい場合は、一時的に利用限度額を引き上げてもらうことも可能です。
    こういったサービスは急にお金が必要になったときには便利なサービスですよね。

    以上のような性質を持つのがクレジットカードの利用限度額です。
    内容をきちんと把握して、便利に使って下さい。

    広告


    この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

    以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

    ・記事の投稿、編集をおこなう
    ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。