音楽療法の効果

音楽療法はいろいろな効果があると言われていますが、岐阜県音楽療法士(略称GMT)が、実際どのような患者にどういった効果があったのか報告しています。

事故の後遺症のある身体障害者の男性は、ギターを弾くセッションを行っていたら、指に力が出てくるという効果があったようです。

その他にも怒りっぽい人が穏やかになったり、あらゆる事を拒んでいた人が、音楽で体を揺らすことを好んで、その後人と手をつなぐようになったなどの変化も出ています。

この様子から察するに、療法を受けた人の性格そのものや人との関係の仕方が変わってきたようです。

自分には出来ないと決めていた楽器演奏をしてみたら、音が出たので喜び、また叩いてみたいという意欲が出てきたり、音楽は嫌いと言っていた人がボンゴの音に歓声をあげ、そして引き続き、謡の一節を朗々と歌いだすといったこともあるようです。

人前で歌を歌い、拍手を受けたりといった体験は、交流を促していく時に大変大きな精神的支えとなったと継続的な活動から考えられています。

目立たなく大人しい児童が、音楽の活動をしてみると、母親を始め周囲が驚く様な能力があることがわかり、その子に対する療育の姿勢が変わっていったこともあったようです。

家庭では、たくさんの音楽や絵本に囲まれた中で育った精神発達障害児は、本人の意思を表す表現は少なかったが、好みの音楽や楽器を利用した活動の中で、本人から周りの人へのサインが増えると言ってよいでしょう。

音楽があると、障害児と母親のスキンシップに積極性が増すと言えるのではないでしょうか。


PR : 医療制度に関する書籍の激安ネット販売

タグ:音楽療法
| 健康

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。