高齢者のための音楽療法

高齢化に伴って、介護保険制度が始まり、それと同時に高齢者福祉の現場などでは質の高いサービスの提供が求められてきています。

最近では、高齢者施設などの医療現場では音楽療法が急速に広まっています。

研究によって、音楽療法は治療の一助になる事がわかり、介護やケアの1つとして役立つことが理由でしょう。

音楽療法はとても広く内容は多岐に渡ると言われています。

主に音楽を聴くという受動的な場合と、歌ったり楽器を演奏する能動的な場合に分かれます。

受動的な場合は、単調な毎日になりがちの施設の入居者に一日の生活リズムに応じて音楽を聴かせてみるとそのBGMなどにより気分転換や情緒が安定すると言われており、夢や希望を抱かせるのにも効果的です。

また、能動的な場合は歌を歌う事自体が、呼吸運動などを円滑にし心肺機能を高め、歌唱や曲にかかわる会話により、物の名前や、曜日、日時、季節感などの現実見当意識を取り戻せます。

高齢者施設での音楽療法は、広めの部屋に入居者が集まりセッションをします。

通常40〜60分程度で、挨拶しながらイントロへ入り効果音で五感を刺激します。

これで入居者の反応や調子を把握する事が出来ます。

その後にストレッチや運動もあわせ、入居者がなじみの歌を歌ったりし、最後には楽しく過ごした時間に感謝して再会を約束し終了になります。

それを何回か繰り返す事が高齢者を元気にする秘訣です。


PR : メタボ健診の情報サイト

| 健康

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。