和装時のヘアスタイル

今は洋服が一般的になりましたから、日本人でも、着物を着る機会は限られてきています。

だから、なおのこと和装の時にはヘアスタイルにも充分に気を配りましょう。

和装の場合、昔は日本髪と呼ばれる、固く結い上げたヘアスタイルが一般的でしたが、今では舞妓さんや芸者さんといった特別な人たちのヘアスタイルというイメージになってしまっています。

日本髪ではなくても、和装の際には襟足を見せるヘアスタイルのほうがすっきりと見えて良いようです。

ショートカットやボブヘアのなど襟足に長さが満たない場合には無理をして髪を結い上げなくても、それなりにみえます。

ただ、せっかく着物を着たのに、ヘアスタイルは普段と一緒というのは、少し寂しいですね。

その場合は、ブローの仕方をアレンジしたり、エクステンションやウイッグなどを使ってアップにしたりして工夫するのも良いかもしれません。

また、襟足につく長さ以上のヘアスタイルでしたら、結い上げるのも簡単ですし、お団子や夜会巻きなど、アレンジ方法も多くあります。

アレンジの方法としては、お茶会やお花の習い事など、わりと日常的な和装の場合は、簡単にまとめてかんざしなどでアレンジしたほうが、手間もかかりませんし良いようです。

逆に、お祝い事なので着物を着る場合には、ヘアスタイルもボリュームを持たせ、コサージュなどで華やかな雰囲気をだしたほうが好まれます。

いずれにせよ、和装に似合うヘアスタイルの基本は、襟足をすっきりと綺麗にまとめることがポイントです。

自分でヘアスタイルを作る場合には、ムースやワックス、ヘアピン等を上手に活用できるように、美容師さんなどに一度コツを聞いておくと良いかもしれません。


| 髪型
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。