音楽療法の活用

皆さんが何気なく聴いている音楽ですが、音楽を聴いてあなたは、楽しい気持ちになったり、癒されたりすると思います。

音楽には、我々が想像する以上に大きな力があるのです。

音楽は、生理的・心理的・社会的に影響する力を持っていると言われています。

生理的には身体的に変化をもたらし、心理的には感情と記憶を刺激し、社会的には人との交流のきっかけを作ってくれます。

活用法は、音楽を聴いたり、歌う、楽器を鳴らしたりする、そしてリズムに乗って動いたり、作曲も効果的とされています。

この音楽を聴く事を受動的音楽療法、歌ったり、楽器、動く、作曲などを能動的音楽療法と言われています。

受動的音楽療法は痴呆症・ダウン症といったすべての障害のタイプの利用者に応用する事ができます。

また、能動的音楽療法ですが、楽器習得は自己規律、自己能力への信頼を得たり、内的な状態を表す体験をする事が出来ると考えられています。

それではどういった効果が期待出来るのでしょうか。

例えばダウン症の男の子を治療したり、脳梗塞の男性のリハビリに応用された事例もあります。

音楽療法は実に効果がある療法で、、現在では少しづつですが日本の医療現場でも使われるようになりました。


PR : プラセンタ商品激安通販

タグ:音楽療法
| 健康

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。