欧米における音楽療法

現在アメリカ等の世界中で音楽療法が使われています。

音楽療法は音楽健康法や音楽レクレーションなど、人々が生活の中で聴く音楽を気軽に取り入れた効果も報告されています。

音楽療法は、その場が楽しいことがなによりも重要です。

音楽を聴いたり、楽器を演奏したりすることで、ストレスを解消したり気分転換して健康を改善することが目的だからです。

また欧米では、今の日本とは違い療法とは治療を含むものと考えられています。

欧米の療法は狭義の音楽療法と考えられます。

例えば特定の対象者がおり、その個人やグループに適したプログラムが設定されて、その時治療としての意義が重要となります。

また実践を始めてしまえば決してそのまま放置しておく事は許されず、実践した内容を振り返り検討する事が必要なのです。

このような治療の中でポイントとなるのは、何らかの治療などが終わった後で、患者がどのような点で治療前と比較して良くなったか、
それとも変わらなかったのか、あるいは逆に悪くなったのかなどを評価をする事です。

いずれにしても、一般の人にとって、音楽健康法やリクレーションの意義は大きいといえますし、音楽本来の役割という観点などからみても重要です。


PR : 磯山さやかの魅力

タグ:音楽療法
| 健康

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。