ゆず茶について

ゆず茶は韓国の一般的な飲み物です。
韓国家庭では広く飲まれていて、「ゆじゅちゃ」と呼ばれて親しまれています。
お茶と言っても茶葉は使っておらずゆずを皮ごと薄切りにして、砂糖やハチミツに漬け込みます。
2週間ほど漬け込んでジャム状になったら完成です。
このゆず茶には果肉が多量に含まれており、歯ごたえがあり、ゆず独特の香りと甘みが味わえます。

ゆず茶の飲み方はカップにスプーン2〜3杯を入れて、お湯を注いでかき混ぜます。
冬に1杯飲むだけで体中がぽかぽかしてきます。
夏には冷やして飲んでもおすすめです。さっぱりした香りが暑さを和らげてくれます。
チューハイやカクテルにもよく合います。
また、ジャムの代わりにパンにぬったり、ヨーグルトにかけたりもおいしくいただけます。

ゆずは、レモンの4倍のビタミンCが含まれています。昔から美肌効果があるとして注目されていた果物でもあります。
ゆずに含まれる成分には血液の循環をよくする働きがあります。
冬至にゆず湯に入る習慣があるのも、この効果で身体の芯まで温めるためです。
そして新陳代謝を高めて、肌を内側から綺麗にしてくれる効果もあります。
昔の人はゆずの効果を知らず知らずのうちに知っていたんですね。
またビタミンC以外にも鉄分やアミノ酸やカルシウムなど、身体によい栄養素が豊富に含まれています。
美肌だけでなく、風邪予防や、疲労回復にも効果的です。
このゆずをたっぷり使ったゆず茶は日々の健康管理にぴったりです。
タグ:ゆず茶
| 健康

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。