音楽療法の資格

音楽は私達の生活の中で必要不可欠な物と考えられています。

それはただの癒しなどではなく、医療の現場などでも充分効果があると考えられ音楽療法という名前を変えて注目をあびています。
音楽療法は主に医療の現場、特に高齢者施設や自閉症やダウン症、脳性麻痺などの子供達に良く利用されていて素晴らしい成果をあげています。
老人ホームや病院などでは、みんなで楽器を演奏したり、歌ったりする事によりお年寄りの孤独感や孤立化を防ぎ痴呆症などの身障者にもセッションや楽器演奏などを音楽療法士と行うことで身体の機能の回復や進行の停止などに応用されています。セッションなどでは歌を聴いたり、歌ったり、リズムに乗って動いたり、楽器を鳴らしたりなどをおこなっているようです。
このセッションなどを行うことにより実際に大きな効果が現れている事もわかっています。

そして、私達にもおおいに効果があると言われています。
きっと皆さんはその効果を知らず知らずのうちに音楽療法を体験していると考えられます。
例えば、好きな音楽を聞いたりすると、何故か涙が出てくるなどの経験は誰でもあるでしょう。
また、最近では、リラクゼーションCDなどが多数発売されています。

その音楽療法の研究や実際の仕事をしている人が音楽療法士です。
音楽療法士は現在はまだ国家資格ではなく、音楽療法学会が認定している音楽療法士の資格と地域限定で取得できる音楽療法士の資格があります。
音楽療法士は、まだまだ数が少ないですが、既に大きな活躍をしており、今後も医療などの現場でますます期待される資格といえそうです。


| 健康

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。