ハーブボールの作り方

タイのマッサージといえば、タイ古式マッサージを思い浮かべる人が多いでしょう。

しかし、最近では、ハーブの薬効を取り入れたハーバルマッサージが、タイ旅行で楽しみたいマッサージとして有名になってきています。

このハーバルマッサージとはハーブボールという、様々なハーブを布などに詰め込み、ボール状にしたものを使用するマッサージのことをいいます。

このハーブボールを使うことによって、ツボなどを刺激すると同時に、ハーブの効果を得ることができます。

一度で2つの効果が得られるマッサージですから、人気が出てきているというのも、頷けます。

ハーブボールに使用される一般的なハーブは、ポンツクショウガ、ウコン、レモングラス、ショウブなどです。

実はこのハーブボール、作り方さえ知っていれば自分でも作ることができますので、自宅でハーバルマッサージを行うことができるのです。

作り方は簡単です。

まずは上記にあげたようなハーブや好みのハーブを用意しますが、どちらかと言うとドライハーブが良いようです。

用意したハーブを細かく刻み、サラシやガーゼといった布でしっかりと包み、ボール状にします。

このボール状にしたハーブを15〜20分ほど水につけ、ハーブをふやかします。

その後、電子レンジなどでお好みの温度に温めれば、直ぐにマッサージに使うことができます。

大きさについては、自分の使いやすい大きさで大丈夫です。

ただ、ツボ押しなどに使いますので、ある程度キチンと詰め込んだほうが良いようです。

また、ハーブボールは直接肌には触れさせずに、薄手のタオルや残りのガーゼなどに包んでから、使ったほうが良いようです。

こうして作ったハーブボールは、使い捨てではありません。

ハーブの効果が残っている限り、3〜5度は使えるようです。

ただし、夏場などは傷みやすい時期ですので、冷蔵庫などに保管し、なるべく早く使い切ってしまうほうが良いようです。

いくつか注意点はありますが、作り方といっても、要はハーブをボール状にまとめることができればOKなのです。

組み合わせるハーブによって、様々な効果が得られますので、自分だけのオリジナルハーブボールを作ってみると良いでしょう。

| 健康
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。