スタイリング剤の違い

スタイリング剤にも、スプレー、ムース、ワックス、ジェル、ミストなどたくさんの種類があります。

同じムースでもハード用、ウエーブ用、ストレート用とありますし、男性向けや女性向けなどによっても種類があります。

各スタイリング剤によってその働きは違ってきます。

スプレーは仕上げの時に、ヘアスタイルを保つために使用します。

仕上がりの硬さによって種類が違ってきます。

ムースは髪全体に伸ばしやすいので、満遍なくスタイリングできるのが特徴です。

ストレート用やパーマ用など、髪の流れやふわっとしたヘアスタイルを作るのに適しています。

ワックスは髪に動きをつけたり、立体感をつけたりと、髪に表情をつける時に使います。

髪を固めてしまわないので、後から手ぐしで直すのも簡単です。

寝癖をなおしたり、髪を扱いやすくする時にはヘアウォータが適しています。

男性用、女性用のスタイリング剤は、髪質や肌質の違いで分けられているようです。

一般的に、女性の髪質はやわらかく、男性の髪質は太くて固いことが多いようです。

肌質も、男性のほうが女性より皮脂の分泌量が多めなので、それにあわせたものが作られているそうです。

ただ、髪質や肌質は個人差がありますから、男性用だから女性は使えないということもありません。

スタイリング剤選びを間違うと、せっかく美容室で気に入ったヘアスタイルにしてもらっても、維持することが出来ません。

ヘアスタイルを変えた場合には、日々のスタイリング方法についても、美容師に相談して、そのスタイルに合ったものを教えてもらったほうが良いです。

| 髪型

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。