ハーブとスパイス

ハーブとスパイスは料理において、ほとんど同じような意味合いとして使われています。

料理におけるスパイスの活用法や特徴をいくつかお教えします。

まずはオールスパイスです。

クローブ、シナモン、ナツメグを合わせたような香りと、黒胡椒の辛味を合わせ持つところからオールスパイスと呼ばれるようになったスパイスです。

少量で複雑な風味を得られますので、ハーブを使い慣れない人にも使いやすいものです。

クミンはカレーに欠かせないスパイスの一種で、インド料理には欠かすことのできないスパイスです。

市販のカレールーなどにも、少量加えると味や風味に奥行きが生まれます。

グローブは和名「丁字」といわれるスパイスで、バニラのような甘い刺激的な香りが特徴です。

殺菌力が強いスパイスですので、漢方としても用いられており、消炎作用、鎮痛剤としても利用されています。

料理における活用法としては、消臭力にも優れていますので、特に肉料理に向いています。

ポトフやシチューといった煮込み料理やローストポークやハンバーグといった料理に使われます。

シナモンは桂皮ともいわれ、甘い香りが特徴のスパイスです。

カプチーノやシナモンティーなど飲み物の風味付けとしてもよく用いられます。

リンゴや桃などのフルーツとも相性がよく、お菓子作りなどにも欠かせないスパイスでありますが、肉料理との相性も良い、活用法の広いスパイスです。

ローレルは消臭効果があるハーブで、ブーケガルニの材料や煮込み料理、ピクルスやマリネといった様々な料理において、におい消しとして用いられています。

他にも実に多種にわたるスパイスがありますので、上手に料理に取り入れていきたいものです。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。