ハーブテントとは

ハーブテントはタイの伝統的な療法です。

このタイハーブテントは、アーユルヴェーダを起源としてるといわれています。

アーユルヴェーダとはインドの伝統的な学問で、医学のみならず、生活の知恵、生命科学、哲学の概念も含んでいるとされています。

アーユルヴェーは難解ですが、要は病気になってから治療するよりも、病気になりにくい体を作ることを重要視するといった内容です。

この考え方がタイに伝わり、これを基としたものがハーブテントであるとされています。

ハーブテントは、ハーブを蒸気として全身に浴びることによって、様々な効能が得られるとするタイの民間療法です。

タイ国内では、ホルモンバランスの適正化やデトックス効果、冷え性の予防や呼吸器疾患などに対して、効能が得られるとされています。

日本国内でも、リラクゼーションの一環として、ダイエット効果や美肌効果、デトックス効果などの効能が得られると、人気が出てきています。

しかし、このハーブテントにはいくつかの注意事項があります。

スチームサウナと同様の状態になるため、高血圧、心臓病、肺病、微熱等、体に不調のある方にはおススメできません。

また、発汗作用により、体内の水分や塩分を消費するので、水分補給も欠かせません。

これらの注意事項を守らなければ、逆に体調を崩してしまうこともありますので、注意が必要です。

注意事項さえ守れば、様々な効果のほかに、ハーブの香りからリラクゼーション効果も得ることができます。


| 健康
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。