パーマをかけた場合のお手入れ

パーマをかけることによって、ヘアスタイルを選ぶ幅がひろがります。

目指すヘアスタイルがある場合は、積極的に取り入れていきたいものです。

ただ、パーマをかけるということは髪にダメージを与えてしまうことでもあります。

また、普段あまりパーマをかけない人がパーマをかけると、お手入れ方法が分からないですね。

パーマをかけた当日は、シャンプーを控えたほうが良いようです。

直ぐにシャンプーをしたからといって、パーマが落ちてしまうことはありませんが、パーマをかけたばかりの髪はまだ安定していません。

匂いなどが気になるかもしれませんが、出来ることなら1日くらいは時間を空けたほうが無難です。

また、パーマを長持ちさせるには、日頃のスタイリングやケアも欠かせません。

ムースやワックスといったスタイリング剤も、その髪質やスタイルに合わせたものを選ぶ必要があります。

ヘアスタイルを変えたときには、美容師にスタイリング方法を教えてもらったほうが良いです。

また、パーマは日頃のお手入れも大切になってきます。

乾燥とダメージはパーマだけではなく、髪自体にも天敵です。

スタイリングの際に洗い流さないトリートメントなどを利用して、髪を保護してあげると良いです。

きちんとお手入れして、ステキなヘアスタイルを維持してください。

タグ:パーマ
| 髪型
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。