音楽療法の説明

音楽療法士の仕事は、乳幼児からお年寄りまでの身体や精神に障害を持った人たちに対して、
一緒に音や音楽を聴いたり演奏することを通し、利用者の運動機能の回復や獲得、社会適応能力の回復、
認知力などを養っ ていくのを手助けするとても役立つ仕事です。

音楽療法士は音楽をリハビリテーションととらえる事が必要で、その音楽の持つ威力や特性をうまく利用して、
人の感情に働きかけ、それぞれの障害のに合った心身の療法を、医師や看護師、その他のスタッフと協力して進めていく仕事なのです。

音楽療法士の仕事場は日本ではまだ音楽療法が広まっていない為、福祉関係が多く、病院や知的障害児施設・障害者福祉施設・デイケア・老人福祉施設関係・老人施設・養護学校、他にも授産施設・児童施設・精神科病院・一般病院・ホスピスなどで、音楽療法士は活躍しているようです。

受容的音楽療法というのは、音楽を聞くことで、利用者の心身の安定や改善をはかるものなのです。

たとえば、病院の待合室などで流れているクラシック音楽などは、受容的音楽療法の中に入ります。

また、能動的音楽療法は、患者に合った楽器を演奏させたり、歌を歌わせることなどで、積極的に疾患の改善を促すものと考えられています。

音楽療法士は これらの手法をうまく組み合わせて施療を行います。

音楽療法を一日の生活に取り入れる方法を紹介します。

例えば午前中などの起きてまもない時は、昨日の仕事などの疲れや飲み過ぎ・睡眠不足といった気分を解消する為に、激しくなく、暗くなく、整った楽音配列でむらが無い脳神経の聴覚受容器を刺激してくれる曲がお勧めです。

食事を摂る時には、強い緊張が続いたままだと胃腸に対し負担をになりますので、食事中はゆったりとくつろげる音楽を聴いて安心して食べる事が望ましいです。

夜はその日の心理状態に一致する曲を選んで、今日一日のストレスを癒してください。


| 健康
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。