音楽療法と心理学

音楽療法は、音楽の生体に対する生理的作用の研究に引き続き、心理的作用の研究も同時に行ってきました。

しかし、生理学的な見地から音楽に対する情緒反応を予測したり一般化することはまだ難しいと言えます。

また、心理学的なものさしで得られた結果などは、理論的な基盤が弱く厳密さと一貫性が十分ではないと考えられています。

鎮静的音楽とリラックスを目的として、被験者が選択した好みの音楽を短時間聴取させてみました。

すると、活気以外の各因子で明らかに一時的な情動変化がみられました。

その変化は、ジャンルやテンポが様々であったにもかかわらず、比較的一貫していました。

不安を和らげ、敵意を鎮め、疲労を軽減させて混乱を少なくするなどの効果がありました。

従来から、音楽には人間をホメオスタシスに向かわせる効果とリラクセーションに導く効果があると考えられています。

音楽を聴くことで、個人に自覚可能な情動面での変化をもたらします。

また、感情のレベルが高すぎる人は低下させ、逆に低すぎる人には上昇させるように働くと考えられています。

そして、今度は健康な学生に6種類の音楽を聞かせてみました。

その結果、緊張、抑うつ、怒りの尺度に対して、ダンス音楽が持っている強い陽性効果などが報告されています。

他にも、脳卒中後遺症などの神経系の患者に音楽療法を適用すると、不安、活気、敵意の尺度の改善がみられているとの報告もあります。

| 健康

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。