音楽療法の歴史

音楽療法は、音楽を聴く受容的音楽療法と、演奏などの活動的音楽療法の二種類に分けられており、その生理的・社会的・心理的な効果を利用して、心身の健康の回復や向上をはかる医療行為に役立っています。

音楽療法の歴史ですが、原始宗教、自然崇拝などの宗教の誕生とほぼ同じ時期に誕生し、儀式や呪術に用いられており、音楽療法を用いて精神を鼓舞、他にも一種のトランス状態を引き起こしたりしていました。

また、ユダヤやキリスト教の賛歌にも音楽は、用いられておりこれにより宗教の信仰を深め、またスピリチュアルな豊かさを現在にも引き継がています。

この時代に、サウルのうつ病をダビデが竪琴で治したといった治療効果も古くから知られています。

また、第二次世界大戦になって、米国の野戦病院では音楽療法を利用したと言われています。

音楽を流したり、演奏したりしていた野戦病院では、兵士の治癒が早まったなどの治療効果が立証されました。

そういった歴史を経て現在では、高齢者や引きこもりのケアの現場など各地において活発に利用されています。

また、岐阜県音楽療法研究所を初めとする音楽療法の研修、研究機関を設ける大学や自治体も増えてきています。

現在では、日本音楽療法学会認定の音楽療法士という資格も主流になっていますが、公的機関の認定としては奈良市や岐阜県・兵庫県などが、その県で認定した音楽療法士の資格などもあるそうです。

タグ:音楽療法
| 健康

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。