日本音楽療法学会が開催

音楽療法は、「音楽のもつ生理的・心理的・社会的働きを用いて、心身の障害の回復や機能の維持改善、生活の質の向上、行動の変容などに向け、音楽を意図的、計画的に使用すること」という意味を持ちます。

日本音楽療法学会は2001年度に発足され、現在多くの音楽療法の学会などを開催していて色々な人たちに支持されている団体です。

学会で開催されている内容は医学界、高齢者施設での音楽や高齢者と音楽などがあります。

医学界、高齢者施設での音楽は、現在医学界で、高齢者施設においた音楽療法が大きなうねりとなっています。

また学会でも音楽療法士の国家資格化についての協議が進められており音楽療法関係者が大会で学んだ音楽の技術的側面や医学の精心理的側面、そして親善美を追求する芸術的側面が今後の音楽療法の展開に大きく寄与されることが考えられる事から今学会は非常に重要なものといえます。

高齢者の音楽療法には、セラピー、レクリエーション、アクティビィかを明確に決めていく事が必要と考えられています。

脳血管障害に伴った治療には、失語症と室音楽症などの、聴く、話す、読む、書くなどの障害の詳細や、メロディが弁別出来ないなどの受容的障害、言語などのリハビリテーションに対する音楽の補助的の使用について、運動や表現能力の障害などについての事が公演で話されたそうです。

このように日本音楽療法の学会は、沢山の分野から音楽療法の事が話されており日本国内の日本音楽療法学会の重要な公演とされています。

また全国各地の音楽療法の様子もわかり、いろいろな人から情報を得ることも出来ます。

| 健康

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。